借地権と不動産

借地権とは、建物の所有を目的として土地を借りることを言います。その土地を借りて使用する権利が生まれることから、借地権になります。土地に関係する権利は、その他に地上権、土地賃借権などがあります。

この借地権を行使することで、固定資産税の支払いはどうなるか?というと、土地を持っている人が行うことになります。もっとも、この借地権もただ利用してもらうことはありませんから、土地所有者はそれなりのお金の支払いをしてもらっているのがほとんどです。よく借地権付きの住宅の売り出しなどがありますが、それはこういう意味です。建物は自分のものだけど、土地は自分のものではない。ということは、固定資産税の支払いのない代わりに、期限付きのケースなどがあります。

ただし、土地所有者にしてみれば、いつになったら土地がかえってくる?と不安なこともあります。そこで、平成4年の法律が改正され、土地所有者の権利も守られるようになりました。人に土地を貸す時、借地権と銘打つ時には、土地所有者に有利な形が取られるようになったのです。

しかし、この法律は借りる側にもメリットがあります。形としては、両方が良いというのが理想としています。土地に関係する法律はいろいろですが、狭い日本においては、お互い相互扶助の精神で、といきたいところですが、先ごろのバブル期を振り返ると、土地は神話になる、先祖代々の土地ということで、特別な思い入れもあるものです。借地権に関しては、貸す方も借りる方も良い条件となるのが理想形です。

Copyright © 2014 借地権とは? All Rights Reserved.